塗装のご相談はこちらまで
      0120-17-2610

住まいの塗り替え読本

10年は塗り替えないから、失敗できない色選び

 

お家の外壁の塗り替えは、建物のみならず、住む人の気持ちもリフレッシュさせるもの。

「どんな家、どんな色にしようか」、「我が家らしい個性も出したい」などなど、家族で色選びに迷う時間はとっても楽しいはずです。

けれども完成してみたら、「こんな色じゃなかった!」、「なんか違う…」といったトラブルも、少なくありません。

そこで外壁塗装を大成功へ導くために塗装の達人がイロイロお伝えします。

 

色選びのための方法と失敗しないための注意点。

外壁の塗り替えは、新たな「家の顔」を決めること。色選びは非常に重要な工程です。

色彩感覚は本当に人によって異なり、できる限り希望に添いたいところですが、奇抜すぎると周囲に不快感を与えたり、色によっては経年劣化を早めます。

また、これまでの経験からしても、実は見本どおりの色の再現はとても難しいものです。

ではどこに注意して色を決めたら良いのでしょうか。

まずは外壁塗装の色選びの方法を、そして色見本の見方や注意点を紹介します。

 

<色選びってどうするの?>

面積の大きな外壁の色はなかなか簡単には決めらないもの。でも、順番にそってイメージを固めると、自然に我が家の色が決まります。

1.初めはぼんやりとイメージする。

2.色見本から絞り込む。

3.カラーシミュレーションを使う。

4.見本板を作ってもらおう。

5.色決めをよりスムースにする方法。

 

<知っておくべき色選びの注意点>

色についての知識や、色見本の見方や注意点を理解しておくと、業者にも希望の塗装色がしっかり伝わり、頭の中のイメージと、実際の仕上がり色との間のギャップも防ぐことができます。塗り替えを成功させるためのキーポイントです。

1.目の錯覚、面積効果が生じる。

2.見本は必ず屋外で見るべし。

3.艶によっても見え方は変わる。

4.色見本は参考程度に。

5.周囲の景観にも配慮して色を選ぶ。

6.原色はできれば避ける。

7.白や黒は汚れが最も目立つ。

 

色選びってどうするの? 

初めはぼんやりとイメージする。

色を決める時はまず、「グレー系の家がいい」、「ベージュ系の家にしよう」というような、「〇〇系」といった家全体の雰囲気をイメージすると良いでしょう。業者に頼んで塗料メーカーが推奨するカタログ見本(カラーサンプル)を見せてもらうのもおすすめで、最近の住宅塗装の傾向も把握できるので、色の系統も全然イメージができていない方にもカタログ見本は参考になり、イメージがわいてくるでしょう。塗料メーカーがお客様のニーズを捉えて推奨している標準的な色なので、その中から選ぶのも方法の1つです。

 

色見本から絞り込む。

色の系統が決まっても、塗料メーカーのカタログでは好みのニュアンスが見つからなかった方や、初めから「〇〇系が良い」とイメージができている方は、色見本で見比べていくと絞り込みができます。色見本には600色以上もの色がありますが、すべての色が外壁向きとは言えません。また塗料によっては対応できない色もあるので、業者に相談しながら選びましょう。

 

カラーシミュレーションを試す。

色見本を見ながらカラーシミュレーションと合わせて見て、イメージを固めてみましょう。業者や塗料メーカーなどのホームページにあるカラーシミュレーションを使えば完成した外観イメージを見ることができます。特に色を組み合わせて塗り替えたい方や、あまり目にしない個性的な色も気になる、という人にはイロイロ試せる便利なツール。けれども、実際の我が家との大きさや形、またパソコンの画面の明るさなどで色の見え方は違うという点に注意しましょう。あくまでもイメージ、予想図であることを忘れずに、参考にしてください。

 

外装塗装のシミュレーションをしてみたい方はこちら

 

見本板を作ってもらおう。

塗装色が絞り込めたら、実際に使う塗料で塗ったA4大の見本板を業者に依頼して作成してもらい、実際に屋外で日向や日陰などでどう見えるのかを確認しましょう。もう少し明るく、もしくは暗く、などの判断ができます。但し、見本板の制作には1週間程度の時間が必要です。いくつも何度もでは何週間もの時間がかかります。見本板の制作は最終段階ですので、的を絞って依頼するよう心がけましょう。

 

色決めをよりスムースにする方法。

弊社では外壁の色の系統がお決まりのお客様に、初めから塗料メーカーが推奨するA4大の色板見本を屋外で見てもらっています。そこで「もう少し違うニュアンスも見たい」というお客様には色見本をお見せして、もう少し明るく、暗く、または薄く、濃くなどの細かなオーダーを伺い、見本板の制作を依頼してご確認いただいています。早く塗装色が決定できるので、お客様にも喜ばれています。

 

知っておくべき色選びの注意点

目の錯覚、面積効果が生じる。

カタログ、色見本など、手元で見る小さなサンプルで決めた色を、大きな建物の外壁などに塗った時に、「何だか違う」と感じるのは「面積効果」のせい。

同じ色でも彩度や明度が変わったように見えて、明るく見えたり、暗く見えたりする現象のことです。

明るい色は大きいほど明るく見えて、暗い色は大きいほど暗く見えます。

ですから、小さいサンプルの色は、実際に塗装した時には1トーン明るく、もしくは1トーン暗くなるとイメージしておくことがポイントです。

 

見本は必ず屋外で見るべし。

色見本や見本板は、必ず屋外の自然光で見ましょう。室内の蛍光灯の下では青みが、白熱灯の下では赤みや黄みが色かぶりしてしまいます。また天気によっても色の見え方は変わります。いろいろ試してチェックして、「1トーン明るくした方が良いかも」、「少し暗めが馴染むかも」、など、業者の経験やアドバイスも参考にして検討しましょう。

 

艶によっても見え方は変わる。

外壁の色は艶によっても見え方が変わり、光沢を抑える艶消しの選択ができます。和風住宅や、高級感を演出したい場合などは落ち着いた仕上がりの艶消しをおすすめします。見本板を依頼する際に、艶消しでも作ってもらって比較すると良いでしょう。

 

色見本は参考程度に。

前述しましたが、見本どおりに色を再現するのは非常に難しいことなのです。色見本やカタログ、カラーシミュレーターで見た色は、どう変わるのか、という視点で見ることが大切です。

 

周囲の景観にも配慮して色を選ぶ。

家の周辺を散歩しながら、改めてまちに調和する色を考えてみましょう。日本では一般的にグレー系、アイボリー系、ブラウン系などが多いのではないでしょうか。原色などの目立つ色を選ぶと、そのまちの景観を崩すことにもなりかねないからです。外壁や屋根には、街路樹や風景の中の木々の緑よりも目立たず、逆に引き立たせるような色を選ぶのが理想的とされています。

※景観ガイドラインが定められている市区町村の場合は、必ず条令を確認しましょう。

 

原色はできれば避ける。

商店など、看板同様に建物そのものが認知度を高めるために目立つ必要がある場合は別ですが、一般住宅の塗り替えには赤や青などの原色はおすすめしません。これは塗料に含まれる顔料の性質により原色ほど退色が早く、折角塗り替えても早い時期から古びた印象を与えてしまうからです。もちろんどんな色でも経年劣化は進むのですが、できる限り美しい佇まいを長く保ち続けるには原色は避けた方が良いでしょう。

 

白や黒は汚れが最も目立つ。

住宅の外壁は、経年劣化するものですが、その段階において、塗装効果がバッチリ有効な期間よりもその効果がジワジワと失われ、汚れが段々とつきやすくなる期間の方がずっと長いのです。そこで避けたい色が白や黒。思い出されるのは車の汚れですが、あの様に汚れが目立ってしまうと美観を長く楽しみ保つことができません。しかし、どうしても、という方は、雨で汚れが落ちるセルフクリーニング効果のある塗料もあるので相談してみましょう。(弊社もご相談承ります!)

振り返りまとめ

見本どおりに色を再現することがいかに難しいことなのか、おわかりいただけたのではないでしょうか。

外壁塗装を成功させるには、色見本やカタログ、カラーシミュレーターで見た色が、「実際にはどう変わるのか」、「どのように見るべきか」を理解しておくことが大切です。

また家のアンチエイジングのためにも色選びは重要です。

迷ったり、不安な時は豊富な経験に基づいた業者に相談しながら、希望の塗装色でお住まいを完成させてください。

関連記事