塗装のご相談はこちらまで
      0120-17-2610

住まいの塗り替え読本

外壁にこんな症状が見られたら、住まいの塗り替えどき。

ハウスメーカーで住宅を購入すると10年保証が付いてきます。保証が切れる前にハガキが届き、「10年点検」が行われ、経年劣化や傷んだ箇所が報告されます。

10年も経てば最低限のメンテナンスが必要なことはわかっていても、「早急に塗り替えや修繕がどうしても必要なの?」と、感じる方もいるでしょう。

そこで早めのメンテナンスが必要な症例について解説します。報告書を見せながら、塗装の専門業者にセカンドオピニオンを聞くのも良いでしょう。

そして住宅を購入された方には、ご自身の目でも定期的にお家周りを点検することをおすすめします。

 

外壁の塗り替え時期を知らせるサイン。

築年数に関係なく、下記のような症状を見つけた場合は外壁塗装や補修のプロなど専門業者に早めに相談して対応すると安心です。

<症例>

  1. 触ってみたら、手が真っ白。 〜チョーキング〜
  2. あちらこちらで目地が割れている! 〜コーキングのひび割れ〜
  3. 家の北側の外壁にカビやコケが! 〜カビやコケの発生〜
  4. 壁の色がムラムラ。 〜壁の退色・変色〜
  5. 塗膜が剥げて下地が見える。 〜塗膜のめくれ・剥がれ〜
  6. 窓のフチからひび割れが。 〜外壁のひび割れ〜
  7. 外壁の表面がボコボコ。 〜外壁の膨れ・割れ〜
  8. ベランダの床がフカフカ。 〜ベランダの床下浸水〜

 

触ると、手が真っ白に。

 

家の外壁をちょっと手指で撫でるだけで白い粉が付着したら、それは「チョーキング」と呼ばれる症状です。外壁の塗料に含まれる樹脂が紫外線や熱、雨や風によりチョークのように粉状に劣化した状態です。早期のメンテナンスは費用も値打ちになるものです。この時点で早めに塗り替えるのが得策です。

 

あちらこちらで目地が割れている!

外壁の目地の部分を「コーキング」といいます。防水や振動を吸収する役割があり、窓枠、サッシ周りにも使われています。

環境の差で、約5〜10年でひび割れや材料が痩せて剥離したり、欠落するなどの症状が現れますが、打ち替えや増し打ちをして修繕します。窓の周りなどは雨水の漏れなどでコーキングの劣化を知ることができますが、外壁の継ぎ目部分はなかなか気づきにくく、発見した時には下地や骨組みまで雨水が腐食していることも。築10年を越えている建物は要確認すべきポイントです。

 

家の北側の外壁にカビやコケが!

 

浴室やキッチンなどの水回りがある外壁は内側から湿気を吸収するので外壁にカビが発生します。

また、隣家との間、植え込み近くの壁のほか、北側などの日当たりが悪い・湿気が溜まりやすいなどの場所はコケや藻が生えやすく、放って置くとカビの原因に。コケや藻、カビは塗膜の劣化を著しく進行させてしまいます。塗り替えの際には耐水・防水性のある塗料でコケや藻、カビの発生を防ぎます。

 

壁の色がムラムラ。

 

紫外線の影響で特に南側と西側の外壁は色が褪せてしまった状態を変色といいます。塗料に含まれる樹脂が劣化し、外壁の色にムラが見られることもあります。また、塗装の艶、光沢がなくなってきた状態は退職といいます。変色、退色とも塗膜劣化の初期症状。どちらも緊急ではないものの、この時点で塗り替えると一番お値打ち、です。

 

塗膜が剥げて下地が見える。

 

表面の塗膜が建物内側からの湿気や、下塗りの経年劣化などが考えられますが、剥離した状態は色によってかなり目立つようになり、お住まいの美観が損われ、古びた印象を与えます。また長く放置してしまうと腐食や雨漏りなどの原因にもなります。

 

窓の縁からひび割れが。

 

築10年もすると良く見つかるのが窓の周囲のひび割れ(クラック)です。放置すると雨水が染み込んでどんどんクラックが枝分かれし、長さが伸びることに。補修剤やコーキング材でひびを埋めますが、合わせて塗装も行うのがベスト。ひび割れが2〜3mmと太い時は早急にプロに診断してもらいましょう。最悪の場合は外壁ごと張り替えが必要になることもあります。

 

外壁の表面がボコボコ。

 

外壁の膨れは、ひび割れ(クラック)からの浸水、ゴム質の塗料が使われている場合、塗膜や素地の蓄熱による熱伸縮など、いろんな原因が考えられます。けれども、下塗りや下地の調整などが不十分だった場合など、元々の施工不良が原因であることが多いというのが実態です。これは早急に壁材から修繕して塗り替えた方が良いでしょう。

 

ベランダの床がフカフカ。

 

ベランダの表面には異常がないのに、歩くとフカフカしていませんか?ドレン(排水口)にゴミが溜まると、雨水が排水できずに度々水が溜まってしまいます。すると、ドレン周辺部から床下へ水が浸水し、時間の経過とともに床の下地がグズグズに傷んでしまう、ということがよくあります。下地からの補強工事が必要になると大ごとです。日頃からこまめにお掃除すると良いのですが…。家の外壁の塗り替えを検討する築10〜15年の住宅であれば、その際に床下点検を行っておくと安心です。

▼ドレン

 

振り返りまとめ

経年劣化や傷みが顕著に見られた場合には、早めのメンテナンスが必要です。

また、住宅は自然環境の中にあり、家が建った時から、塗り替えが完了した時点から、エイジングが始まります。大事なお住まいだからこそ、時には自分の目で点検することも必要だと思います。

 

✔︎ 外壁に触れた時、手に白い粉が付きませんか?

✔︎ コーキング(目地)が割れていませんか?

✔︎ コケやカビが生えていませんか?

✔︎ 色ムラや変色はありませんか?

✔︎ 外壁に剥がれや膨れ、ひび割れなどはありませんか?

✔︎ ベランダを踏んでみて、フカフカする箇所はないですか?

 

早期発見することでダメージが大きくなることを防ぎ、修繕費用の軽減にもつなげることができます。

 

関連記事

関連アイテムはまだありません。