塗装のご相談はこちらまで
      0120-17-2610

住まいの塗り替え読本

プロがおすすめする外壁色と、組み合わせのテクニック。

近年は、塗料の性能がアップし、かつては汚れが目立つ、という理由で外壁にはタブーとされていた白や黒を組み合わせた家や、個性的な配色の家も見かけるようになり、お客様がそれぞれに希望色の家を叶えるようになりました。

自由度が増す現在ですが、この章では改めて塗装のプロがおすすめする色と、選ぶ理由を解説します。それらを理解した上で、我が家の色を探してみませんか?

加えて色を組み合わせる際のポイントもご紹介します。

 

プロがすすめる色は基本、“長持ち”がキーワード。

塗料の特性を知るプロ達は、塗り替えてからの10年後までを見据えて、長持ちする塗装色をおすすめします。塗装が美しいままなら、塗料の性能がまだ生かされているということ。その耐久性に色が深く関係します。

そして外壁を単色ではなく色を組み合わせて塗装するとグッとオシャレな家に生まれ変わらせることができます。失敗しないテクニックや注意点もお伝えします。

 

<プロ達が選ぶオススメ色の条件>

  1. 汚れが目立たない。
  2. 何年見ても飽きない。
  3. 変色しにくい。
  4. 白と黒は汚れが目立つという定説。でも今は。
  5. 虫が集まりにくい色がある。
  6. 虫が好む色もある。

 

<色の組み合わせのポイント>

  1. 同じ系統、もしくはトーンで統一。
  2. 最大3色までに絞る。
  3. 色分けでデザイン性をアップ。
  4. カラーシミュレーションを活用。

 

<色の組み合わせ4つの注意点>

  1. まちの景観に配慮を。
  2. サッシやドア問題。
  3. くれぐれも注意したい面積効果。
  4. 業者とイメージを共有する。

 

プロ達が選ぶオススメ色の条件

 

1.汚れが目立たない。

 

外壁の付着物の色を想像してみましょう。砂やホコリなどは黄土色や灰色などで、コケやカビなどの緑色や、水アカ、油汚れなどの黒色などです。それらの色が同化しやすい色を選ぶと汚れが目立ちにくくなります。最も目立たないのはグレー系。ライトブラウンやベージュなどのブラウン系、アイボリーなどのクリーム系も良いでしょう。逆に目立つ色は白と黒や、原色の赤や青も汚れが目立ってしまいます。

 

2.何年見ても飽きない。

 

外壁の塗り替えは、10年に1度程度なので、飽きない色がおすすめ。地域の景観にも溶け込みやすい、グレー系、ベージュ系、クリーム系などのプレーンな色が人気です。既存のサッシやドア、屋根とも合わせやすく、上品さや高級感も演出され、外壁には最も向いている色でしょう。

 

3.変色しにくい。

 

塗料には変色(色褪せ)しやすい色と、しにくい色があります。塗料のグレードが同じでも白、黒、グレー、ベージュ、茶色、青に関しては顔料の比重が重いので、変色がしにくいという特性を発揮します。外壁の経年劣化の初期症状は変色です。ですからこれらの色は他の色に比べて耐久性が高いといえるでしょう。そしてグレーやベージュは、変色しづらい・汚れも目立たない・飽きないという、三拍子揃った優秀な塗装色!日本の住宅にグレー系やベージュ系が多いことも納得ですね。プロのおすすめ色は多くの人々に選ばれているのです。

 

4.白と黒は汚れが目立つという定説。でも今は。

 

そして白や黒の塗料はこれまで汚れが目立つという理由で、避けた方が良い、とされてきました。しかし現在は、雨が降るとセルフクリーニングで汚れが落とせる画期的な塗料が現れ、白や黒を組み合わせた、洗練された雰囲気のある配色の人気が高まっています。

 

5.虫が集まりにくい色がある

 

虫が集まりにくい色があることをご存知でしたか?それは紫外線をあまり反射しない色で、黒、グレー系、ブラウン系、赤系です。けれども黒は熱を吸収しやすく、虫の多い夏などは外壁表面の温度が熱くなると室内も暑くなりがち。また、赤系は変色(色褪せ)しやすいというデメリットがあります。それらを除外すると、グレー系、ブラウン系、ということになります。

 

6.虫が好む色もある。

 

では逆に虫が集まりやすい色は、というと、白、青、紫、黄色。ですが、安心を。現在は虫除け塗料が開発されています。業者に調べてもらい、検討しましょう。

 

色の組み合わせのポイント

1.同じ系統、もしくはトーンで統一

誰が見ても好感度の高い、センスの良い素敵な家にするためには、相性の良い色を組み合わせるのがコツ。まずは基本となるベースカラーを決めて、同じ系統、もしくは同じトーンの色を選択すると家全体のまとまり感、統一感が生まれます。家ですから、奇抜な色は避けることをおすすめします。

 

まずはベースカラーを決めましょう。ベースカラーと同系統の濃淡を変えた色、または

同じトーンの色を配色してみましょう。

ベースカラー

 

同系統の配色例(色の濃淡例)

 

同トーン配列例(色の明るさが同じ)

2.最大3色までに絞る

色が多すぎるとオシャレ度は下がります。すっきりした印象、シンプルなスタイルが洗練された雰囲気を醸し出してくれるのです。雨樋、破風などの付帯部も含めた家全体を「3色までに抑える!」と心得ましょう。

 

〜3色の配色例〜

  • 外壁ベースカラーはライトグレー
  • 破風や雨樋などの付帯部はホワイト
  • 屋根にダークグレー

  • 外壁ベースカラーはベージュ
  • 破風や雨樋などの付帯部はホワイト
  • 屋根にダークグレー

 

3.色分けでデザイン性をアップ。

単色だと建物はのっぺりしますが、色の組み合わせによって建物が立体的に見える効果も。また、建物に凹凸がある場合にはそれを利用して色分けするとオシャレ度が増します。

  • 上下で色を分ける。
  • 縦に色を分ける。
  • 凹凸で色を分ける。

 

4.カラーシミュレーションを活用。

業者や塗料メーカーなどのホームページにあるカラーシミュレーションを活用すると、完成した外観イメージを見ることができます。色見本と合わせて見て、イメージを固めてみましょう。便利なツールですが、実際の我が家との大きさや形、またパソコンの画面の明るさなどで色の見え方は違うという点に注意しましょう。あくまでもイメージ、予想図であることを忘れずに、参考にしましょう。

外装塗装のシミュレーションをしてみたい方はこちら

 

色の組み合わせ4つの注意点

 

1.まちの景観に配慮を。

周囲とあまりにも異なる配色の家では近所から浮いてしまい、まちの雰囲気、風情をも台無しにしてしまいます。簡単にやり直すことはできないので、色の選択は慎重に行うべきです。

 

2.サッシやドア問題。

サッシや玄関のドアなどは、塗装ができません!それら既存のパーツがあることを忘れて色を決めると不細工な家になってしまいます。サッシやドアの色との相性の良い塗装色を選択しましょう。

 

3.くれぐれも注意したい面積効果。

面積によって色の見え方が変わる現象を「面積効果」といいます。小さな色見本やカラーサンプルだけで色を決めてしまうと、実際に面積の大きな家の外壁に塗った時に、「イメージと全然違う!」という、とんでもない事態が起こります。

〜面積効果の例〜

左の小さな四角から実際の壁の色を見てみると、壁の色が明るく見えると思います。

 

同じ色の系統で迷ったときは大きくすると、どうなるのかも考えてみる良いです。

 

色選びで迷ったり、色見本などで決めた色があっても、必ず面積効果を念頭において色を決めるようにしてください。

 

4.業者とイメージを共有する。

自分の家をどんな家にしたいのか、言葉にする・見せるという、言語化・可視化すると私達、施行業者とイメージが共有できます。こんな時もからシミュレーションは便利です。業者とお客様とのイメージが共有されていないと仕上がりにも必ず影響が出ます。しっかりと確認し合うべきです。

 

振り返りまとめ

色の組み合わせまでをトータルで考えても、外壁色はやはりグレー系やベージュ系がおすすめで、温暖湿潤(近年の夏は酷暑が続きますが)に属する日本の気候にも適した色、と言えるでしょう。

そして色の組み合わせは、

  • 同じ系統、もしくはトーンで統一する
  • 最大3色までに絞る
  • まちの景観に配慮する
  • サッシやドアの色との相性も考慮する
  • 面積効果に注意する
  • カラーシミュレーターを活用し、業者とイメージを共有する

以上のポイントがコツや注意点を念頭に、色と配色を考えて、我が家をオシャレに美しく装ってください。

関連記事